Moclinejo

モクリネホは マラガから20kmの場所にあり、「セロスデコルドバ」と「ピエドラブランカ」の間の450メートルのピエドラスブランカスの丘にあるアクサルキア地域にあります。
ベナガルボンの渓谷に通じており、オリーブ、アーモンド、ワインの山々に囲まれています。典型的なアンダルシアの村の1つです。
海岸からわずか10分の距離にありますが、観光化はされておりません。そのため、今もアンダルシアらしい魅力が残っています。
ここから、乗馬、徒歩、自転車、車のどれでも、奥地の素晴らしい山岳ツアーに参加できます。
リンコンデラビクトリアからモクリネホ村までは、素晴らしい景色を楽しみながら走ることができます。ビーチまではわずか8 kmです。
モクリネホ周辺の地域は、モンテスデマラガの全域と同様に、急な斜面と多数の渓谷が特徴です。乾燥していて、険しく、非常に急勾配です。 名前はおそらく「モクリン」、アラビア語で「エリアスクエア」に由来します。 モクリネホは「ラ ルタ デ ラ パサ」(レーズンの道)上にあり、「レーズンロードへのゲートウェイ」という名前が付いていることもあります。レーズン、ワイン、ブドウがこの地域の主な産物です。 典型的な郷土料理は「ガズパチュエロ」と「ソパデマイモーネ」として知られているニンニクスープです。地元のマスカテルワインとレーズンは、美食家の料理であるモクリネホスを完成させます。

市庁舎がある長方形のメイン広場は広々としていて、近代化されています。 レーズンは、
2017年11月に国連食糧農業機関(FAO)の科学委員会によって世界農業遺産に認定されました。

予約する
0
Shares